大人気成長中のギャンブル『オンラインカジノ』とは如何なるものか?

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、パソコンやスマホなどのインターネットが繋がる環境であれば、文字通りいつでもオンラインで遊べるカジノのことを言います。

いきなりお金を賭けずとも無料からでも始められますし、遊べるゲームの種類も、ブラックジャックなどのようなテーブルゲームから、ルーレットやスロットなどの初心者でも簡単に遊べるもの、バカラのような定番なものなど様々なジャンルから選んで遊ぶことが出来ます。

さらにオンラインであることから、24時間どこにいても遊べるという利点があります。仕事の合間のちょっとした時間でスマホ片手に遊んだり、パソコン画面で臨場感溢れるカジノをリアルタイムで楽しむ事も出来ます。

しかし、世界的には有名なカジノも、未だ日本で浸透していないのも事実です。パチンコや競馬などに比べ、カジノという響きだけで毛嫌いする人もいます。また、どんな会社が運営しているのか?安全性は確かなのか?といった不安がつきまとうのもまた事実です。加えて、運営する会社によって遊べるゲームの種類などもかわってくるため、自分好みのゲームを扱っている会社を選ぶということも必要になってきます。

最近では日本人向けにサポートを始めている所もあります。さらに、株式上場している会社や何十年もの歴史を誇る会社などが運営していたりする所もありますので、そういった会社が運営するオンラインカジノを選ぶことで、より安全に、より楽しく遊ぶことが出来るでしょう。

オンラインカジノは違法とは言い切れない!

オンラインカジノで提供しているカジノゲームでは日本に居ながらリアルマネーを賭ける事が可能です。

しかしカジノ合法化されていない日本では合法なのか違法なのか分かり難い事がありました。

オンラインカジノに関する法律の整備が進んでいない事も分かり難さに繋がっています。

日本の賭博罪は胴元と顧客が揃ってはじめて成立すると言われています。

オンラインカジノの運営会社はカジノ合法国発行のライセンスを取得しており合法的に運営しています。

胴元である運営会社は海外に、顧客である日本人プレイヤーは日本に居るものの海外にあるサーバーを介してプレーしている状態です。

そのため日本人プレイヤーがリアルマネーを賭けても摘発されないと言われてきました。

ネットカフェなどの店舗で顧客にオンラインカジノをプレーさせるところは、いわゆるインカジと呼ばれています。

このインカジを利用した顧客では過去に摘発された例が見られます。

しかし2016年3月、海外で合法的に運営しているオンラインカジノでリアルマネーを賭けた利用者が摘発されました。

このオンラインカジノの拠点は英国にあったのですが、サポートが日本語のみだったため警察が動いたと言われています。

今まで自宅でオンラインカジノを楽しむだけなら摘発されないと思われてきましたが、今回の例によりオンラインカジノによっては摘発される事があると変わりました。

将来日本でカジノ合法化の法案が通過すれば、摘発される事無く楽しめますが通過するかどうかは不透明です。

ジパングカジノ

ネットカジノこそ最もテラ銭「勝ち易さ」の低いギャンブルです。テラ銭とは控除率でありギャンブルの「勝ち易さ」を示す重要な要素です。宝くじでは50%、競輪・競馬・競艇・オートレース等の公営ギャンブルは20%~25%、パチンコでも10%もテラ銭が取られています。

比べてネットカジノは平均5%という低さを誇り、ゲームによっては1%未満、優良なネットカジノではペイアウト率100%を超えて赤字経営することもざらです。これは、インターネットを使った運営なので人件費が掛からないのが背景にあります。

出展:ネットカジノとは

ジパングカジノは現在最も人気の高いプレイテック系のオンラインカジノです。
プレイテック系は豊富なゲームラインナップと有名映画のタイアップ(特にマーベル系とのタイアップ作品が多数。アイアンマン、ハルク、キャプテンアメリカ、など)が特徴で素晴らしいゲーム体験をプレイヤーに提供してくれます。
ジパングカジノでは毎月の毎月頻繁にプロモーションが行われており、各種イベントや無料ボーナスの配布も行われています。「ちょうだいボーナス」といった毎月前半の期間に開催される30ドルの無料提供も大人気です。「ちょうだいボーナスが欲しいぃ!」とサポートへおねだりすればもらえちゃうのです(こちらは、遊んで得た勝ち金をストレートに引き出せます。つまり、引き出し条件が設定されていません)
サポート体制はもちろん完全日本語対応。しかも日本語電話サポートが24時間体制で用意されています(チャットも設備)サポーターも日本人スタッフを24時間365日効率よく回せるように精鋭スタッフを相当数採用しています。これには、日本人ユーザーにとっては心から安心できる貴重なサポート体制であり、人気の大きな要因となっています。

ジャックポットシティカジノ

ジャックポットシティカジノは、1998年より長年運営している老舗のネットカジノです。

ここでのソフトウェアはマイクロゲーミングを採用しており、特にゲームクオリティは業界では屈指のレベルと高評価です。また、ゲーム種類も豊富に用意して います。ハリウッド作品とタイアップのゲームが特徴的で、その一つ一つに高配当を得たときの興奮と感動が待ち受けております。

また、豪華多彩なユニークプロモーションや、名称に違わない"超高額配当のジャックポットのスロットマシン"も多数揃えており、プレイヤーに決して飽きさせないサービス展開のおすすめしてやまないネットカジノです。

今でも他の人気の高い優良カジノと張り合うほど勝るとも劣らない高い評価を集めております。

参考:ジャックポットシティカジノの評価とボーナス情報

ジャックポットシティカジノは数あるオンラインカジノの中でもトラブルが皆無で、しかも引き出しが非常にスピーディーです。
日本人に優しいサービスが豊富に用意されており、圧倒的な安心感を得られます。
ジャックポットシティでは日本の銀行口座への電信送金(銀行振込)に対応しています。
小切手の換金の面倒くささを考えると、電信送金はすぐに手元にお金が届くありがたいサービスです。
ゲームは、マイクロゲーミング開発の作品を提供。豊富な品々が並べられています。プログレッシブジャックポットを狙える作品が勢揃いです。ゲーム品質も他社と比較して決して劣りません。っていうか、度肝を抜く迫力満点な作品が満載です。ハリウッド系の実写映画とのタイアップ作品も用意されていて、初めてこのカジノに触れて下さるユーザーの多くの方から好評を得ています。
更に、ジャックポットシティでは日本人女性の丁寧なサポートが受けられます(長年継続で勤まれている日本人の女性スタッフがいます。とても気さくで社交的なタイプで有名です)ウェブサイトもゲーム画面も日本語化されており、日本人に優しいカジノです。

インターカジノ

インターカジノは1996年に設立されたクリプトロジック系のオンラインカジノです。
クリプトロジック系は150以上ものゲーム、プレイヤー同士で対戦できるポーカールーム、マルチプレイヤービンゴなど、豊富なゲームが用意されています。
さらに、インターカジノでは毎月の購入に対してボーナスがもらえます。
ボーナスをもらうことでプレイヤーは資金を数倍にすることができ、勝ちやすくなります。
米国「Gambling Online Magazine」の読者投票で。5年連続のTop Casino賞を受賞したインターカジノは、日本人だけでなく全世界のプレイヤーの注目を集める、安心と人気のNo.1カジノです。

エベレストカジノ

エベレストカジノ
エベレストカジノ
エベレストカジノには、ブラックジャック、バカラ、ルーレットといったクラシックなゲームから革新的なデザインを備えたビデオスロットまで145種類以上のゲームが用意されています。
エベレストカジノでは多種類の購入方法が用意されており、15ヶ国語でのカスタマーサービスを24時間年中無休で行なっています。もちろん、日本語にも対応しています。
世界で最も審査が厳しいゲーム自治体のマルタよりゲームライセンスを取得しているオンラインカジノで、とても安全で楽しいギャンブルライフを提供してくれます。

オンラインカジノのテキサスホールデムポーカー

私はオンラインカジノでは、主にポーカーをプレイしています。その中でもテキサスホールデムをプレイしています。かんたんにルールを言えば、普通の五枚のポーカーと役は同じですが、手札は二枚ずつ配られ、場に出された五枚のカードと好きなように組み合わせて五枚をつくり、それで役を競います。

最初は無料で10ドル分のポイントがもらえるサイトを見つけて、そこで始めました。なぜテキサスホールデムを始めたのかというと、単純に、五枚のポーカーよりもテキサスホールデムのほうがメジャーだったからです。人数も多く、相手を見つけやすかったので。まず、別の無料サイトで雰囲気がつかめるまでプレイしました。最初はいまいちだったものの、そのうち増やせるようになってきたので無料ポイントがもらったサイトに移りました。

低いレートのテーブルについて始めたのですが、なぜかみるみるチップが減っていきました。ポーカーなんてしょせん運だろうという気持ちが大きかったので、九人のテーブルで自分だけが大きくチップを減らしていくのを不思議な気持ちで見ていました。なんとなくブラフをしてみても、成功よりも失敗が多く、しかし、相手がそんなにいい手ばかりが入ってくるだろうか、という疑問を持つくらいのベットをしてきて、ブラフにしか見えません。こちらが弱気だからだろうか、強気にブラフをしてみようかと思っても、失敗が続いてしまうと、いい手がない時に強気は無理です。そうしているうちに残り2ドル程度になっていました。

しかし、どうもおかしい、なにか自分が知らないことでもあるのかと思っていろいろ検索してみると、驚きました。テキサスホールデムというのは、海外ではもちろん、日本でも日本語でいろいろ研究しているサイトがいくつもあったのです。

そこでは、『スターティングハンド表』という、最初の二枚のカードのランキング表すらありました。テキサスホールデムというのは、一つのテーブルの人数は、九人か六人でプレイすることが多いのですが、行動を決める順番は時計回りに移っていきます。そのプレイ順によって、たとえばAとKならどのポジションからでも参加できるが、Kと9は後から行動できる位置からしか参加してはいけない、2と8はどんな場合でも降りるべき、など細かいことが書いてありました。そして、これからテキサスホールデムをプレイするならこの表は覚えるまでパソコンの前に置いて、ずっと見ながらやらなければならないというのです。大げさな表現ではなく、本気で守るべきことのようでした。

さっそく参考にしながらプレイしてみたのですが、表通りの参加率でプレイすると、全体の二割もプレイできません。八割以上はカードを配られた時点でフォールド、降りるべきとなっています。

そしてプレイできた場合でも注意があります。場に出されるカードは五枚ですが、一気に出るわけではなく、三枚、一枚、一枚という順番で出ます。その間にそれぞれチップをかけます。つまり、カードを配られる、ベットタイム、三枚出る、ベットタイム、一枚出る、ベットタイム、一枚出る、ベットタイムという流れです。

最初のベットタイムで八割以上フォールド。最初のベットタイムでノーヒットならまたフォールド。ここで弱い手なら様子を見ながら、どんどんフォールドしていきます。最後まで行くのは一割もありません。

はっきり言って、フォールドするためにプレイしているゲームとなっています。やってられないと思ったのですが、無料ポイントだし、もう使い切ってやろうというつもりでやりました。ほとんどフォールドなので、サイトにあったやり方をそのままなぞってやればいいかと、テレビを見ながらやりました。

するとです。じわりじわりとですが、チップが増えていきます。

そうしていると、今まで気付かなかったことに気づくようになってきます。最初の、なにもわかっていない自分のようなヘタなプレイをしている人に気づくのです。あきらかに『スターティングハンド表』を知りません。7のワンペアくらいでもどんどんベットしてきます。また、ブラフが成功した快感にとらわれ、何度もブラフをやりすぎています。

たまに、そういう『わかってない人』のわかっていないプレイにやられることもあります。ですがそれは裏の裏みたいなもので、正しいとされているルールに従ってプレイしているとチップはゆっくり増えます。

つづきは、「続・オンラインカジノのテキサスホールデムポーカー」へ